悳炎

悳炎

悳炎(しえん)について

2000年度結成。
京都造形芸術大学 和太鼓教育センター所長 髙木克美(たかぎ・よしみ)を代表とする和太鼓チーム。

瓜生山学園(京都造形芸術大学・京都芸術デザイン専門学校・京都文化日本語学校)の学生、和太鼓チーム「悳(Shin)」の他、幼児から社会人、また自閉症・ダウン症の方々を対象に「心・技・体」をテーマとして指導に携わっている。

結成当初より国内外で幅広く活動し、2007年には第11回IAAF世界陸上競技選手権大阪大会ウェルカムパーティ、海外活動においては、チェコ・プラハで単独公演を行ったほか、イタリアの日伊友好協会から招待を受けこれまでに3度フィレンツェでのコンサートを実施、2015年にはポーランドにおいて演奏を行った。またピアニスト髙木知寿子・ワルシャワピアノ五重奏団や、クラッシックバレエとのコラボなど多方面においての和太鼓の芸術的可能性を追求している。特に代表の髙木は国際大会世界初の女性スターターとして第3回世界陸上選手権大会での大役を果たした経歴を持つ。

文化・音楽・芸術、また音のスポーツとして捉えられる和太鼓の研究、追求を行うとともに「太鼓のエネルギーと打ち手の魂がひとつとなる演奏」を目指し、自分自身への挑戦を続けている。

和太鼓 悳(わだいこ しん)について

瓜生山学園(当時、京都造形芸術大学・京都芸術短期大学・京都国際文化専門学校)において1994年に結成。
現在は京都造形芸術大学・京都芸術デザイン専門学校・京都文化日本語学校の学生で構成されている。2014年に創立20周年をむかえた。「心・技・体」をテーマに、身体を鍛え、技を磨くだけではなく、自分自身や仲 間と向き合い、心を成長させていくことを目的に日々練習に励んでいる。

結悳(ゆうしん)について

2009年結成。
和太鼓 悳の精神を更に追及し、再び巡り会った仲間と共 に、出会った全ての人を結んでいけるよう演奏活動を行っている。関西における、和太鼓悳OB ・OG チ ーム。

貫悳(かんし)について

2013年結成。
和太鼓 悳で学んだことを、この先の人生に於いても活かし、繋いでいく。そんな思いのもと、東京都内を中心に活動している。関東における、和太鼓悳OB ・OGチーム。

出演依頼について

和太鼓悳炎(しえん)・悳(しん)は本学内外の学校行事、関西地区における記念式典、各種大会での演奏、 法人・個人等の祝典での演奏活動を中心に、屋内外を問わず演奏活動を行っています。また、結悳、貫悳についても同様に活動しております。

出演依頼は随時承っておりますので、演奏をご希望の方や詳細をご希望の方は下記まで一度ご連絡をお願いします。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

tel・fax:075-791-9145(和太鼓教育センター
wadaiko@kuad.kyoto-art.ac.jp

メンバー紹介

高木 克美(たかぎ よしみ)

悳炎代表。
京都造形芸術大学 教授として学生の指導を行っている。
かつて陸上競技の短距離走において日本記録を樹立し、その後国際大会世界初の女性スターターとして 第3回世界陸上選手権大会で大役を果たした。1991年に史上最年少で京都府あけぼの賞を受賞。 1993年から2年間ニュース番組のコメンテーターを務める等、幅広く活動している。

野田 悟(のだ さとる)

京都造形芸術大学 専任講師として学生の指導を行っている。
高木と共に悳炎の中心的存在として演奏活動も行っている。
本学和太鼓教育センターの主任として、日本文化演習(和太鼓)の講師の他、関西を中心に小・中・高等学校での和太鼓指導も行っている。

鈴鹿 摩耶(すずか まや)

京都造形芸術大学 大学院修士課程修了。
舞台制作に関わる仕事をする傍ら、演奏者としての活動を続けている。

桑原 夏美(くわはら なつみ)

2003年度京都造形芸術大学卒業と共に悳炎へ加入。

白川 舞(しらかわ まい)

京都造形芸術大学 和太鼓教育センターに勤務。
高木、野田と共に日本文化演習(和太鼓)の授業に携わっている。
演目により篠笛の演奏も行う。

藤岡 優介(ふじおか ゆうすけ)

元、和太鼓悳 部長。
フォトグラファーとしての本業を持ちながら、演奏活動を行っている。

          

杉浦 有紀(すぎうら ゆき)

福祉関係の専門学校にて勉学に励みながら、演奏活動を行っている。

田中 慶子(たなか けいこ)

東京の会社に勤めながらマネージャーしとて携わっている。